top of page
  • 執筆者の写真misuzu-corp

酵素のお話その2

酵素のお話の続きです。

私は30歳を過ぎた頃に白髪が出始めました。ショックだったのでその時のことは

よく覚えています。

色素をつくるところが休止してしまい黒髪でなくなるのは知っていましたが、

これも酵素が原因とは知りませんでした。

その酵素の名前は「チロシナーゼ」

メラニン色素を髪に固着させるはたらきをしていますが、年齢を重ねると真っ先に活性されなくなり他のもっと命にかかわる重要な部分の仕事にまわされるようです。

 それから私の知人にお酒がぜんぜん飲めない人がいます。気の毒に麻酔も駄目で、

以前何かの手術の際に麻酔なしでやらなくてはならず地獄の苦しみを味わったと

言ってました。私は普通で良かったと思いました。

 お酒の毒は「アセトアルデヒド」それを酢酸に分解する酵素は

「アセトアルデヒド脱水酵素」です。人はこの酵素を2タイプ体内に持っています。

1つはアセトアルデヒドを分解できるタイプ、もう1つは分解できないタイプ。

分解できるタイプを2つ持つ人はお酒に強く、できるのとできないのを1つずつ持つ

人は普通で、できないタイプを2つの人はお酒は飲めません、と分かれるようです。

日本人全体としては酒毒を分解する酵素はあまり持ち合わせていない民族ということになるようです。

 

 それではそもそも酵素とは何者なのでしょうか?

「酵素=エンザイム」とはギリシア語で「酵母の中にあるもの」という意味で

「酵母」とは糖類を発酵させてアルコールをつくる微生物のことです。

酵素はタンパク質に覆われた生命物質です。

その大部分を占めるのは補酵素=コエンザイム(ビタミン・コエンザイムQ10)

とミネラルを結合した「ホロ酵素」です。ビタミンやミネラルなしでは活性化しませんので、ここにその必要性が出てくるのですね。

 酵素は体内で毎日つくられていますがトータルでは一生に一定量しかつくられません。その生産能力には個体差があり、それはDNAと深い関わりがあるようです。

 現在分かっている酵素の種類は、約2万種類でその中でもタンパク質分解酵素

(プロテアーゼ酵素)だけで9000種以上あります。

アミノ酸の種類・割合・配列の違いにより体内にさまざまなタンパク質がつくられ

私たちのからだを構成していくのです。他にもホルモンなどになり生命を維持して

います。

 酵素には活性の中心とよばれる「穴」がありこれが他のタンパク質との違いですが、

この穴に他の物質を捉えて分解や合成などの化学反応を起こさせる不思議な力が

あります。

このはたらきが触媒作用です。

酵素の穴はすべて形が異なり、その形にはまる基質(酵素によって触媒される物質のこと)を捉えて触媒の仕事をします。

 

 酵素の製造能力は20歳をピークに少しずつ減っていきます。40歳を超えると急激に

減少していきます。

以前書きました毛細血管の本数が40歳で半減する話と連動していると推察します。

年をとると疲れがとれなくなるのは、代謝酵素が十分にはたらいてくれなくなるからな

のですね。

 体内酵素をつくり出すためには、酵素の豊かな食事を摂り腸内環境を整え善玉腸内細菌を増やすことです!

発酵食品である梅干しは酵素を活性化するのに大きな力となる食べ物です。

 

今日も2つぶ是非お召し上がりください。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ストレスと梅エキス

2020-09-24 ストレスと梅エキス 1964年アメリカとドイツの学者が協力して研究し副腎ホルモンが酢(クエン酸) から作られることを発見して証明し、ノーベル医学賞を受賞しました。 皆さんは「副腎」という臓器をご存じでしょうか? それは左右の腎臓の上部にある小さい三角形の形をした臓器です。 血圧・血糖・水分・塩分量などの体内環境を常にちょうどいい一定の状態に保つ 為のホルモンを作っています。

うつ病と梅エキス

2020-08-28 うつ病と梅エキス 梅は昔庶民の万能薬でした。 その殺菌力は強く、梅に含まれる有機酸には悪玉菌だけを殺菌し善玉菌は 活性化するという機能が備わっています。 抗生物質は有益な菌まで抑えてしまいますが、梅は有害菌だけを抑えるという素晴らしい働きがあります。 また腸のぜん動運動を促進します。 腸は第二の脳と言われるように腸は人間の脳と密接な繋がりを持っていることが分かってきています。

新型コロナウイルス

2020-05-06 新型コロナウイルス 横浜港に寄港したイギリスのクルーズ船での集団感染のニュースから早3ヶ月が 経とうとしています。 あれからコロナウイルスは怒涛の勢いで世界中を襲い、はじめの頃は対岸の火事状態だったアメリカが最も被害が大きく今や7万人近くが亡くなり、またヨーロッパの国々にもたいへんな死亡者が出た現実から日本人の死亡者数と比べてみると、どうも菌の特徴として白人に対してより強い被

Comments


bottom of page